カメをペットとして迎えるなら、人に懐いてくれるヘルマンリクガメがおすすめです。

MENU

亀の飼育方法

ペット禁止の住宅に住んでいたり、家族の中で動物アレルギーを持つ人がいるなど、あらゆる理由で飼えるペットの種類が限られているご家庭も多いのではないでしょうか?
金魚のようなペットも素敵だけど、どちらかと言えば触れ合える動物の方がいいな…なんて方には「カメ」を飼うことをおすすめします。

 

 

カメを飼うために必要な物

まず用意すべきなのは水槽です。
カメは成長するスピードも早いので、今後の成長も見通して最初から大きめサイズの水槽を選んでおいてください。
またカメの大きさにもよりますが、比較的丈夫な作りの水槽の方がよいでしょう。
好奇心旺盛な生き物でもありますので、逃げ出さないように蓋つきのものを選ぶとなお良いです。

 

金魚と同様、水槽と同時に水を綺麗にするためのフィルターも準備します。
水槽の中に張っている水はカメが泳ぐためだけではなく、水分補給するための大事な役割も果たすので、その水が汚いと体を壊したり病気の原因にもなったりします。

 

毎日水を変えるのも飼育の基本なのですが、どうしても時間が取れないなんて場合もありますよね。
このフィルターがあるだけで、少しだけ水換えの頻度を減らすことも出来るため必ず用意しておきましょう。

 

カメは日向ぼっこが大好きです。
日向ぼっこをすることで水に濡れた体を乾かし、カビや雑菌が増えることを防ぎます。
また、ビタミンなどの栄養分を作り出す目的もあるので、水槽の中に日光浴出来る場所を作ってあげましょう。
大きめの石などで水の上に上がれるスペースを作り、その上に照明器具を取り付けます。

 

 

カメの飼育方法は?

カメのイラスト

カメは基本的に、一日一回エサをあげます。まだ赤ちゃんのカメなら回数を増やし、一日三回ぐらいが目安となります。
その際にきちんと食べているかしっかりと確認しながら、エサを与えてあげてください。食べ終わった後、食べ残しがあった場合はすぐに取り除いてあげましょう。

 

水槽の水はあまり深すぎてもダメです。
足が付いている状態で、水から顔を出せる程度の量に留めてください。

 

触れる動物のため、ついつい触りすぎてしまうこともありますが、これは絶対にNGです。カメはのんびりした性格なのだろうと思いがちですが、意外にもかなり繊細で小さなことでストレスを受けてしまいます。

触りすぎはストレスの原因にもなるので、触れる回数は最小限に留めましょう。

 

また綺麗好きな動物とは言え、様々な菌を持っているのも事実です。
カメを触った後は、必ず石鹸で手を洗うことを心がけましょう。

 

 

自分に合ったカメを見つけよう!

カメの中でおすすめなのが、ヘルマンリクガメという種類のカメです。
大体皆さんが目にするカメはこの種が多いので、初めて見た方でもきっと親しみを感じるはず。
とても人に懐いてくれるため、すぐに良いパートナーになれますよ。
他にもたくさんの種類があるので、自分に一番合った子を見つけてみてください。

 

ただくれぐれも、人間に怪我をさせる危険性のある凶暴なカメや、日本で禁止・規制されている種類のカメは飼育しないでくださいね。