ペット にする動物の生き方を人間のライフスタイルに合わせていることを自覚しましょう。

MENU

動物を暮らすということ

 

家族と一緒の犬と猫

今や、私達人間の家族とも言えるべき存在であるペット。
動物は人間の言葉を話せるわけではありませんが、言葉を話せないからこそ、人間同士ではなし得ない心の繋がりを感じることが出来ますよね。

 

動物達はとても純粋で綺麗な心を持っているため、飼い主である人間が心を込めて接していれば、どんな方でも一生の友としてそして大事な家族として受け入れてくれます。

 

見た目や職業、年齢などのある一定の基準で付き合う人を選ぶのではなく、その人その人が持つ心を見て寄り添ってくれるのがペットの一番の魅力です。

 

 

子供の成長を支える相棒にもなれる

愛くるしい顔立ちやふさふさの毛並みなど、日々の癒しを求めてペットを飼う方も多いと思いますが、実は特に小さい子供がいるご家庭でペットを飼うと、子供の成長を支えてくれるよい役割を果たしてくれるんです。

 

動物は小さい赤ちゃんや子供を見ると「自分より弱い立場」であること、また飼い主である人間の大事な存在であることをきちんと理解してくれます。
ですのでペット自身から子供の方に寄り添っていったり、中には本当に自分の子供のように接してくれたりするのです。

 

小さい子供は、なかなか自分から動物に触るということが出来ない子も多いと思いますが、動物の方からやってくることで自然と触れ合うことができ、自分が住んでいる世界には動物という命ある存在がいるんだ、ということを理解することが出来ます。

 

幼い頃に「生き物」という存在を理解することは非常に大事で、例えば叩いたりして相手を痛がらせた時、たとえペットであったとしても「これをしたら嫌がるんだ」ということを自然と学ぶことが出来ますよね。

 

特に動物は気持ちをはっきりと表してくるので、小さい子供でもそれをきちんと理解することができ、結果とても思いやりのある子に育ってくれる場合が多いです。

 

 

命の重みを教えてくれる

悲しむ飼い主

そして今度は、ある程度子供が成長してペットが年を取ってしまった時。人間よりも寿命が短いのが動物の運命ですから、一緒に暮らしていれば必ず別れの時が来ます。

 

悲しいことではありますが、別れを経験するからこそ命の尊さや生きることへの感謝をより実感出来るはずです。
まさにペットは、生きることや命の重みを私達人間に教えてくれる、言わば人生の先輩なんですね。

 

子供の成長の支えとするため、日々の疲れを癒すため、寂しい心を紛らわせるため、毎日をより楽しくするためなど、ペットを飼う動機は人によって違いますが、それと同じようにパートナーにする動物も人それぞれです。
特にはじめてペットを飼う方は、自分に一番合った動物選びをするのに苦戦するのではないでしょうか。

 

 

定番の犬・猫はおすすめ

猫を抱っこする女の子

はじめてペットを飼う方におすすめする動物は、やはり定番の犬や猫です。
私達に馴染みの深い動物ですので、ペットを飼ったことがない人でもある程度の知識は持っており、他の動物に比べて飼育に戸惑うことが少ない、というのが一番の理由になります。

 

また頭も非常に賢いので、トイレなどのしつけもしやすいという点も挙げられます。

 

飼いやすさの点で言うと、うさぎやカメ、ハムスター、魚など基本的にケージに入れて飼育する動物もおすすめです。
犬などは、定期的に散歩などで外に連れ出して運動させることが必須になってきますが、一人暮らしなどで仕事が忙しかったり、病気がちで体が弱かったりするとなかなかその時間を取ることが難しかったりしますよね。

 

体が小さい動物だと、ケージの中にある運動器具や家の中を動き回ることで十分な運動になるため、動物にかかる負担やストレスなどの不安を抱えることなく、安心してペットを飼うことが出来ます。
またこれらの動物は吠えたりすることもないため、ペットを飼うことによる周りへの騒音が気になるという方にもおすすめです。

 

どの動物を飼うか決まったら、しっかりと家族で話し合いをしましょう。

 

 

環境や将来を考慮して

はじめてペットを飼う方には、以上紹介したような動物をおすすめしますが、最後にはやはり一軒家かマンションかの住宅環境、犬を飼うならば散歩する時間が取れるかなどの自分のライフスタイル、自分や家族が動物アレルギーを持っているかなどの体質、最後まできちんと責任感を持って育てられるかなど、様々な条件を踏まえた上でペットにする動物を決めるのが一番重要になってきます。

 

そして条件に合う動物を決めたら、暖かい気持ちで家に迎え入れてあげましょう。

 

 

いざ動物を家に迎え入れたとき、やはり少なからずその動物に関して知る必要があります。
きちんと動物を知らずになんとなくでお世話をしていると、思わぬトラブルになりかねません。
例えばドッグフード
犬はドッグフードなら何でも良い、と思って安いものばかり買い与えていると、病気の原因になってしまうかも?
中には粗悪な原材料を使用しているものもあり、犬の体に良くない場合があります。

 

飼い主である以上、ペットの健康にはしっかりと気を遣ってあげましょう。
ドッグフード選びは、比較サイトなどを参考にしてみましょう。

 

ドッグフード比較はこちら⇒https://www.schenk-photos.com/